関節の病気の治療|放射線治療で憎き癌を成敗|体と命を全力で守る

放射線治療で憎き癌を成敗|体と命を全力で守る

関節の病気の治療

看護師と患者

関節リウマチとは関節が腫れや痛みなどの炎症を起こす病気で、何らかのきっかけで免疫が異常になることで発症します。主な患部は手や足で天気が悪いと症状がひどくなる傾向があります。リウマチはリウマチや膠原病の専門の医師に診てもらうことをお勧めします。世田谷には専門の外来のある病院や医院がありますので家の近くなどを探して行かれると良いでしょう。骨破壊になる前に症状を抑制するためにも正しく投薬を行い、専門の医師や看護師によるケアを受けることで寛解を目指すことが大切です。また、ステロイドを極力使わないような投薬をするクリニックも世田谷にはありますので、そのような希望があれば医師に伝えて治療方法を検討すると良いです。

治療はまず患者がリウマチについて良く知ること、無理をしない適度な運動や栄養バランスの良い食事や日常生活で冷えないようにすることなどが重要です。世田谷の専門病院ではステロイドや抗リウマチ薬や生物学的製剤の投薬を行い、同時に日常生活において関節などに負担がかからないような動きを指導したり、日々行う運動療法の指導なども行います。投薬治療を長く行っても功を奏さない場合には外科的な治療として手術を行うこともあります。世田谷にもいくつか手術を行う病院があります。その内容は痛みや腫れを取り除くために滑膜を切除したり、関節を再建するための人工関節に置き換える手術などです。手術は麻酔などのリスクもありますので、その点をよく考えた上で受けることをお勧めします。

Copyright © 2016 放射線治療で憎き癌を成敗|体と命を全力で守る All Rights Reserved.