3つの治療から選べる|放射線治療で憎き癌を成敗|体と命を全力で守る

放射線治療で憎き癌を成敗|体と命を全力で守る

3つの治療から選べる

眠っているカップル

聴神経腫瘍は脳腫瘍の1種であり、脳腫瘍の全体の1割を占めます。症状には聴覚低下と耳鳴りなどがあり、進行していくとめまいや顔面の麻痺が引き起こされることもあります。これは聴神経腫瘍がさまざまな神経と接触しているからです。たとえば、顔面神経、上前庭神経、下前庭神経などの神経です。聴神経腫瘍は拡大スピードは遅いですが、年月をかけて大きくなっていくのにつれて、これらの神経を圧迫していくのです。以前は聴神経腫瘍の位置からCTスキャンで発見することは難しかったのですが、現在ではMRIが普及しているので、小さくても発見されることが多くなっています。早期に発見することができれば経過観察、外科手術、放射線療法の3つが治療方法になります。

聴神経腫瘍の3つの治療方法のメリットを紹介していきます。まず経過観察では合併症を引き起こすことがありません。治療費が非常に安価であり、入院する必要がありません。また、外科手術は腫瘍を直接的に切除することができるので、あらゆる腫瘍を治療することが可能になります。技術力が必要となる手術なので通常は熟練の医師が担当することになります。耳鼻科と脳神経外科の両方の医師が協力して手術をすることもあります。入院は2週間程度必要です。最後に、放射線療法は開頭手術することなく治療することができます。ガンマナイフ装置を使って治療します。合併症の可能性が少なく外科手術よりも安価で済みます。入院は2日から3日程度で問題ありません。

Copyright © 2016 放射線治療で憎き癌を成敗|体と命を全力で守る All Rights Reserved.