放射線治療で憎き癌を成敗|体と命を全力で守る

病気に打ち勝つ方法

問診

体の免疫力を向上させることで、がん細胞を攻撃して症状を改善させていく治療方法を免疫療法と言います。この治療法が使用された事例として、末期がんが多いようです、また、放射線治療や抗がん剤治療といった他の方法と並行させていくことがあります。

関節の病気の治療

看護師と患者

リウマチは関節が痛みや腫れを持つ病気で免疫の異常から起こります。この病気は専門の病院で診てもらうことをお勧めします。世田谷にはリウマチや膠原病の専門病院があり、投薬治療や手術治療を受けることが出来ます。

放射線で再発や進行を防止

病院

手術後に照射

癌の治療は、基本的には手術によっておこなわれます。というのも、癌細胞は放置していると細胞分裂によってどんどん増えていき、それによって病状が悪化していくからです。したがってそれを防ぐために、癌細胞が多く集まっている病巣を体から除去する必要があるのです。手術で残さず除去すれば、細胞分裂はおこなわれなくなり、それ以上の悪化が食い止められます。しかし、手術をしても多少の癌細胞が体内に残る可能性があります。わずかな数でも放置により増えていく可能性があるので、それを除去するために、手術後には放射線治療がおこなわれます。放射線には、細胞を変質させる力があるので、これを癌細胞に照射すれば、細胞分裂がおこなわれにくくなるのです。定期的に放射線治療をおこなうことで、手術後の再発やその進行を防ぐことが可能になります。

治療の回数

癌は、部位によっては手術での治療が困難ということもあります。たとえば脳腫瘍の場合、手術をすることで脳の重要な部分をかえって傷つける可能性があるのです。そのような場合には、手術はせずに、最初から放射線治療がおこなわれます。放射線治療は、頭蓋骨の上からでもおこなうことができるので、開頭手術と比較すると体の負担は少なめです。日帰り治療が可能という場合もあり、その点からも放射線治療には高い需要があります。ただし放射線治療では、手術と異なり一度に多くの癌細胞を処理できるわけではありません。少しずつ変質させていくことになるので、十分な効果が出てくるまで、繰り返しおこなう必要があります。進行の度合いにもよるのですが、30回ほどおこなうことが一般的となっていますし、50回ほど必要となることもあります。

眠っているカップル

3つの治療から選べる

聴神経腫瘍は初期においては聴力の低下だけですが、次第に密接している神経を圧迫していき、めまいや顔面麻痺などが引き起こされます。治療法には経過観察、放射線療法、外科手術の3つがあります。各々メリットがありますので医師と相談してどれを選ぶか決定しましょう。

Copyright © 2016 放射線治療で憎き癌を成敗|体と命を全力で守る All Rights Reserved.